東京 渋谷・神奈川 橋本のメガネ専門店 メガネのアイメイト
ホーム 店舗案内 取扱商品案内 メガネのお仕立て 会社案内

メンテナンスがとても重要です 無料メンテナンスサービス

「快適なメガネ」も長く装用しているうちにフレームのゆがみやレンズのキズやヨゴレなどが生じてしまうことがあります。 アイメイトに定期的にご来店いただきメンテナンスをお申しつけください。

ご家族、お友達、他店にて作製されたメガネも無料点検いたします。
遠近両用メガネでお悩みの方に

「疲れやすい」「見にくい」など、遠近両用メガネでお悩みになっているお客様から、よくご相談がございます。
遠近両用メガネは便利なものですが、シビアな調整が必要です。また、お客様のご使用条件を綿密にコンサルティングすることが重要です。
他店でお求めでもご相談に応じます。「合わない」とあきらめる前に、ぜひ一度アイメイトへご来店ください。

メガネのお仕立て
快適なメガネのために、お客様にメガネを「お仕立て」いたします。

メガネは、「買ってくる」ものではなく「あつらえる」ものだとアイメイトは考えています。お客様のメガネ選びを技術的にサポートし、ぴったりに加工・調整し、お買上げ後も調整・クリーニングする「メガネのお仕立て」がアイメイトのサービスです。

[快適なメガネとは:アイメイトのサービス]
1.十分な視力が得られること

初めてのお買上げの際の視力検査のお手伝いはもちろんのこと、
その後も、ご来店いただければ視力の変化をチェックいたします。
また、キズやヨゴレが生じていないかチェックいたします。

2.長時間掛けても鼻や耳に痛みが生じないこと 3.日常の動作中にずれ落ちないこと

鼻や耳などあたる部分に痛みが生じないよう、また、ずれ落ちないよう、
丁寧にフィッティングいたします。
お求め後、フレームにゆがみ・ゆるみを生じたお客様は、再度チェックしてお直しいたします。

4.美容的にも衛生的にもキレイであること

メガネは医療器具であると同時にファッション性も求められます。
アイメイトでは、この二つを両立したKazuo Kawasakiのフレームをはじめ、厳選した商品を取り揃えております。
また、ご来店いただければ、専用洗浄機にてクリーニングいたします(なぜ店頭洗浄機を置かないのか→)。

5.長時間装用しても疲れにくいこと
メガネのお仕立て手順
1 レンズ度数測定・瞳孔距離測定

瞳孔距離とは、左右の瞳孔間の距離のことです(図1)。この2つを測定することで、適正なレンズの大きさが決まります。

2 フレーム選定

1で決まったレンズに合うフレームからお好きなデザインをお選びください。

図1

3 レンズ選定

お客様の度数とご予算に応じたレンズを選定いたします。

4 フレームの事前調整

お客様の顔巾測定、テンプル(メガネのつる)の長さ測定、4方向のチェック(図2〜5)を行います。

図2

図3

図4

図5

5 アイポイントの測定

かけたとき、瞳孔が一致するレンズ上のポイントをアイポイントと呼びます(図6)。

図6

7 レンズカット

アイポイントとレンズの光学的中心が重なるよう、慎重にカットします。

7 組み立て・点検

レンズとフレーム組み立て後、4で測定したデータに基づき、再度点検します。

8 お渡し・点検

お客様に再度おかけいただき、もう一度装用感を含め点検・調整します。

レンズとプリズム効果

レンズはプリズム効果により光を屈折させますが、対象物位置がずれない光学的中心とアイポイントが一致していないと、本来とはズレた位置に対象物が見えてしまいます。

レンズと視界の歪み

レンズはその周辺に行くにしたがい、歪みが大きくなります。したがって、度数と使用条件に適したフレームを使用しないと、不自然なレンズカットとなり、疲れの原因となります。

目とレンズも適切な関係

メガネフレームは、レンズの中心と目の角膜との距離を通常12mm程度(図a 例外もある)になるよう調整します。
視線は通常、目の高さと水平面より少し下方を向いています。(図b 個人差がある)これをレンズの傾斜により視線に正しく調整します。

このページをご覧になって、ご興味をお持ちになったお客様は、ぜひご来店下さい。疑問な点は何でもお問合せ下さい。
店舗案内